All about Photonics

Business/Market 詳細

産業用照明市場、2023年に131億ドル超

September, 13, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の「産業用照明市場、2023年までのグローバル予測」によると、市場は2017-2023年にCAGR 7.82%で成長して、2023年には131億7000万ドルに達する見込みである。
 市場成長の要因は、近代化とインフラ展開の促進、多様な産業アプリケーションへのLEDの普及である。これはLEDの価格下落、産業用途LEDの耐久性、低エネルギー消費によるものである。

ランプと照明器具が産業用照明市場全体をリード
 ランプと照明器具セグメントが、予測期間で産業用照明市場で最大シェアをとる見込みである。ランプと照明器具セグメントの最高シェアは、急速なLED照明の普及と技術的に進んだLED照明器具に伴う需要によるものである。さらに、LEDに関連する消費電力の減少、高効率、相対的な長寿命が、予測期間においてランプと照明器具で産業用照明市場の成長を後押しする。

予測期間でLED照明市場が最高成長率
 LED照明市場は、2017-2023年に最高成長率が見込まれている。LED照明は、照明アプリケーションにおけるエネルギー消費量を減らす可能性がある。さらに、LEDは進化して、他の照明ソリューションと比較して、長寿命、耐久性、柔軟性、エネルギー効率、毒性がない主要照明技術となっている。

2016年産業用照明市場でAPACが最大シェア
2016年、アジア太平洋(APAC)が、産業用照明市場で最大シェアを獲得した。これは、この地域における高い工業化とインフラ開発、またエネルギー効率のよい照明技術に対する要求によるものである。これは、倉庫、コールドストレージ、工場、製造ライン、駐車スペースを含む産業アプリケーション全般にわたっている。