All about Photonics

Business/Market 詳細

3DプリントレンズプラットフォームでLuxexcelとIFB Solutions提携

September, 12, 2017, Turnhout--LuxexcelとIFB Solutionsは、眼科用レンズ向け初の3Dプリントプラットフォームを目的に提携した。プラットフォームは、米国の独立系研究所上位10研究所の1つ、N.C., Winston-SalemのIFB Solutionsの光学オペレーションに組み込まれる。
 Luxexcelプラットフォームは、産業グレード光学3Dプリンター、レンズ設計ソフトウエア、ワークフロー統合ツールからなり、これによりIFB Solutionsのような顧客は、全ての業界基準を満たす、3Dプリント眼科品質レンズを製造することができる。同技術は当初、製造が難しい医療用特殊レンズを重点にしている。
 LuxexcelのCCO、Guido Groetは、「当社が提携先に選んだIFB Solutionsは、この比類のない技術の採用に熱心であり、3Dプリンティングで可能な独自の製品を市場展開する。当社は、主流から外れてれたレンズを作ることで眼科の世界における今日の課題を克服したいと考えており、これによって現行の製品供給と比べて、新たな機能を実装したメガネが実現する。Luxexcel Vision Platformは、眼科研究所向けレンズ製造ソリューションで次のレベルを代表るものであり、独自の眼科製品で差別化し、開発する機会を提供する」とコメントしている。
 IFB SolutionsのCOO、Dan Kellyは、「3Dプリンティングは光学業界の未来であると認識しており、われわれはこの新興技術の早期イノベータ、アドプタになりたいと考えている。Luxexcelプラットフォームで、われわれは顧客に特殊レンズを数日で提供できる。それは、特別サービスと品質で知られる当組織にとっ大きな優位性である」と話している。
 Luxexcel技術のもう1つの大きな利点は、研究所の技術者に使いやすいことである。IFB Solutionsは、光学研究所労働力の75%以上を含めて、米国の盲目および視覚障害者の最大の雇用者である。IFB は、盲目、視覚障害者がLuxexcel装置を操作できるようにする計画である。Luxexcelプラットフォームは、利用モデルごとの支払いでIFB Solutionsに供給される。
 「Luxexcel技術で製造される特殊レンズは、弱視患者にとっても必要となることが多い。これは、IFB Solutionsでは特殊専門領域である。われわれは多くの低視力者を雇用しているだけでなく、ノースカロライナとアーカンザスのCommunity Low Vision Centersを通じて低視力サービスも提供している」。
(詳細は、www.ifbsolutions.org)