All about Photonics

Business/Market 詳細

LEDinside、2017年舞台照明、OLED照明市場トレンド

August, 10, 2017, Taipei--トレンドフォースの一部門、LEDinsideのレポート「グローバル照明市場レポート – 3Q17舞台照明、白熱電球、OLED照明市場トレンド」によると、舞台照明と白熱電球市場の規模が、市場需要の恩恵を受けて、年率で大きく成長する。
 LEDinsideの分析では、グローバルLED舞台照明市場規模は、2016年の6億5500万ドルから14%増、2017年には7億4500万ドルに達する。LED照明の技術が徐々に確立されているので、LED舞台照明の価格が下がり続けている。今後数年の市場規模の拡大は減速する。ただし、現状は拡大が続いている。2020年までには、推定市場規模は、10億ドルを超えそうである。
 世界の舞台照明市場は、3億8200万ドルに達したが、そのうちLED光源は約1億5000万ドル、LEDの普及率は39%である。従来の舞台照明の市場規模は近年縮小しており、それに対してLED光源は相対的に急成長している。したがって、舞台照明市場は、すでに注目の市場となっている。LED舞台照明は主に、光品質、放熱、配光を重視する。さらに、LED舞台照明は、従来照明に対していくつかの利点がある、高効率、高い色品質、長寿命、使いやすさ。一方で、課題にも直面している、高い製造コスト、仕様の多様性が少ない、一貫しない品質。現在、OSRAM、Everlight, Lighting Optoelectronicなどの企業が、次第に舞台照明LED製品を発表している。単色、マルチカラー照明があり、高い光度や効率が可能になっている。