All about Photonics

Business/Market 詳細

進化するQCL技術により市場はCAGR 9.7%成長

August, 3, 2017, Wellesley--BCCリサーチによると、量子カスケードレーザ(QCL)技術は、機能豊かな画期的製品の開発で、従来のセンシング技術よりも安価、小型、軽量、高速である。QCL技術の継続的な進歩と、その技術を使うアプリケーションに対する人気上昇とともに、QCL技術の利点が市場の成長に貢献する。
 BCCリサーチの「量子カスケードレーザ世界市場」によると、市場は2016年の61億ドルからCAGR 9.7%で成長して、2021年には97億ドルに達する見込みである。

調査のハイライト
・APAC地域は、CAGR 10.5%で成長すると予測されている。
・ほとんどのQCLは中赤外光放射であるが、新しいバージョンはテラヘルツ波を生成することができるので、爆発物、核物質の遠隔センシングの可能性もある。
・運用の業界基準の欠如、技術の相互運用性がない、高コスト(従来のレーザとの比較)などの要素が、市場成長を制限する可能性がある。

BCCリサーチのアナリスト、Sinha G. Gaurav氏は、「量子カスケードレーザ市場の進化が別の段階にあるなら、このような制限要因は、市場成長を妨げることになるだろうが、さらなる技術的進歩がコストを改善し、運用基準も改善される」とコメントしている。