All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング市場、CAGR 16.5%成長で2025年に約238億ドル

July, 31, 2017, San Francisco--Grand View Researchのレポートによると、3Dプリンティング(3DP)市場は、2025年に237億9000万ドルに達する見込みである。
 積層造形(AM)は、様々な2D形状で材料層を連続的に付加することで部品を製造する製造方法。
 3Dプリンティングの産業バージョンであるアディティブマニファクチャリング(積層造形)は、予測期間で清純にたっする見込みである。
 とは言え、デスクトップ3Dプリンティングが今後有望になりそうである。趣味、INOベージョン、技術トレーニングの教育分野、家庭/個人利用で普及するからである。この技術は、労働集約的な工業製造技術として認識されるよりも、経済優位性で大々的に宣伝されると見られている。3Dプリンターを導入し、3Dプリンティング材料、フィラメント、3Dモデリング、3Dプリンターソフトウエアを提供する地域店舗が代替ビジネスモデルとなる。特にブラジル、南アフリカ、インドなどの開発途上経済で言えることである。
 市場は、プロトタイピング、ツーリング、機能部品製造の3つの主要アプリケーション分野に分かれている。自動車、ヘルスケア、航空宇宙&防衛産業がその技術の強力な利用者である。これらの業界におけるメーカーは、作業精度、製品設計の強化、部品の信頼性を重視する。併せて製品が市場投入されまでに必要な時間、製造にかかわる費用も重視している。
 2016年北米が大きな市場シェアを占め、35.0%を超えた。大きな市場シェアは、いくつかの分野で製品の3D設計、3Dモデリング、3D製造が広がっているためである。APAC地域は、巨大な製造ハブとして際立ってきている。これは、巨大な消費基地とこの地域への海外からの過剰投資のためである。したがって、著しい継続的成長が予想される。

調査結果の要点
・3Dプリンティングの人気が高まっている。最適化されたTime to Market要素とともに正確で迅速なプロトタイピングなどの利点のためである。
・自動車、ヘルスケア、航空宇宙&防衛産業における3Dプリンターのアプリケーション増加が、予測期間で大幅に市場に成長を促進すると見られている。
・デスクトッププリンターは、注目度が高い。研究者、趣味に熱中する人、家庭アプリケーションの個人ユーザー、トレーニング目的の教育ユーザーで人気が出ているからである。
・プロトタイピングアプリケーションセグメントは、2016年に優位を占め、引き続き今後も優勢が予想されており、2025年までに大きな市場シェアが見込まれている。
・他の産業セグメント、模造品&宝石、衣類、建設&エンジニアリング、玩具、履物などを含め、予測期間で品物&構造の製造で3Dプリンターの広範な普及が予想されている。
・APAC市場は、自動車、家電、インフラストクチャ、都市化、軍事&防衛、ヘルスケアなどでアプリケーションが増えるため、中国、日本、韓国、台湾、インドで大きな成長が予想される。