All about Photonics

Business/Market 詳細

LEDサイネージ/プロ用ディスプレイ世界市場10年予測

July, 31, 2017, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)によると、LEDベース屋内デジタルサイネージは、2026年に374億ドルに達する見込みである。
 ElectroniCastは、LEDベースサイネージとプロフェッショナルディスプレイの10年予測を発表した。この市場予測は、屋内と屋外デジタルおよび従来のサイネージサブシステム、完全システムをカバーしている。
 市場調査によると、屋内LEDベースデジタルサイネージ完全システム(ダイレクトLEDクラスタタイプスクリーンとLEDバックライトLCDスクリーン)の世界市場規模は、2016年に182億ドルに達し、2026年には374億ドルに達すると予測されている。この調査の市場予測データは、特定暦年の消費額であり、累積データではない。
 完全サイネージ/ディスプレイシステムの市場データに加えて、システムの部品パーツであるサブシステムの10年予測も発表している。
 LEDベースサブシステム(ピースパーツ)の市場規模は、屋外オンプレミスアプリケーションで使われるものが2016年に35億ドル、2021年には47億ドルに増加すると予測されている。オンプレミスLEDサインは、企業や組織のプレミス屋外に設置されている。2017年、ダイレクトクラスタタイプスクリーンで使用されるLEDタイルモジュール(サブパネル)は、相対市場シェアでリードしており、それに従来のサインボックス/チャネルレターサイネージ/ディスプレイのLED照明が続く。
 「デジタルサイネージは、ハードウエアコンポーネント間のさまざまな通信リンクを利用する。これに含まれるのは、PC、モバイルオペレーティングシステムユニット/Androidデバイス、System-on-Chip(SoC)インタフェース、アクチュアルディスプレイ(LEDサイネージ、LCDスクリーン、プロジェクタ)およびソフトウエアベースコンテンツマネージメントシステム(CMS)である。送信器と受振器間の直接通信リンクは無線リンク(ベリーショート、中距離リンク)、銅線(中距離)、光ファイバケーブル(20kmまでのリンク)である」とLED市場/技術調査グループディレクター、Stephen Montgomery氏は説明している。