All about Photonics

Business/Market 詳細

ADAS世界市場、CAGR 19.9%成長

July, 27, 2017, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)の「ADAS: 技術と世界市場」レポートによると、運転者支援システム(ADAS)世界市場は、2016の353億ドルから2021年には591億ドルに増加する見込みである。
 BCCリサーチのレポートによると、半導体メーカーを含むハイテク企業が積極的にADAS機会を得ようとしている。たとえば、Intel、Nvidia、パナソニック、クワルコム(Qualcomm)、Samsung、Sonyは、そのような機会を探している。これには、センサ、ECUとMCU、システムおよびsystems-on-a-chipが含まれる。一方、Denso, Continental, Aisin, Delphi, Valeoなどの主要プレイヤーは、安全性を強化した画期的な製品を発売することで市場における優位性を維持しようとしている。
 世界のADAS市場は、製品の販売を基に計算されている。プロセッサ(電子制御ユニットとマイクロコントロールユニットなど)、センサ、半導体、ソフトウエアとそのアルゴリズム、マッピングシステムと電気システムなどである。すばらしい成長が期待される主要トレンドは、電子コンテンツ、電子集積、ローコスト車でのADAS導入、無人自動車数の増加により上昇する。

調査のハイライト
・レーダーセンサは、その堅牢な機能と多くのアプリケーションにより、技術的にADAS市場で優位を占めると予測されており、2021年までに市場の57%超となる見込み。
・日本、中国、韓国が、2016年現在でAPAC自動車ADAS市場の85%以上を占めている。これは、一部には、同地域の厳しい自動車安全基準によるものである。
・ヨーロッパ地域は、2016年世界市場で最高シェアを記録し、33%を超えた。