All about Photonics

Business/Market 詳細

ネットワーク化された照明制御システム収益、CAGR 14.3%成長

July, 14, 2017, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、商用ビル内のネットワークおよび非ネットワークインテリジェント照明制御を調査し、2026年までの出荷数量と収益を予測している。
 商用ビルの照明コントロールは、高度化と全体的導入が進んでいる。特にLEDの増加が、この市場で重要な役割を果たしており、レガシー照明技術に対する制御性の改善、省エネ促進につながっている。調査レポートによると、あらゆるビルタイプでネットワーク照明コントロールシステムからの収益は、2017-2026年の期間にCAGR 14.3%成長が見込まれている。
 「商用照明分野は、継続的なLEDの成長で前例のない変化を経験しつつある」と調査アナリスト、Krystal Maxwell氏は指摘している。「その上、ネットワークコントロールは省エネ促進だけでなく、商用ビルの照明や他のビルオートメーションシステムに対する見通しと分析も提供する」。
 市場の成長促進を助長するものとして、建築基準法も照明コントロール産業の成長を後押ししている。
 調査レポート「マーケットデータ: インテリジェント照明コントロール」は、商用ビル内のネットワークおよび非ネットワークの両方のインテリジェント照明コントロール世界市場を分析している。
(詳細は、www.navigantresearch.com)