All about Photonics

Business/Market 詳細

4Dプリンティング市場規模、2025年に3億1300万ドル

June, 27, 2017, San Francisco--グランドビューリサーチ(Grand View Research)のレポートによると、世界の4Dプリンティング市場は、2025年に3億1310万ドルに達する見込みである。4Dプリンティングは、カスタマイズ可能なスマートマテリアルをプリントするための先端加工であり、ここではプログラマブル材料を用いて物が3Dプリントされている。4Dプリンティングでは、内的、外的刺激を用いることで時間経過とともに有形物の外観、形状を調整することができる。例えば、温度変化、圧力に受ける浸水、電流、UV光、あるいは他のエネルギー形態。4Dプリンティングは、その形状変化ツールにより、世界規模で全ての産業に変革をもたらすと見られている。その技術が、資源消費、エネルギー浪費を減らすと言う利点をもたらすからである。
 研究者たちはますます4Dプリンティング材料を重視するようになっており、主に微小レベルで注目している。形状記憶合金を有する技術が開発され、そこでは温度変化が物体の形状の変化をもたらす。さらに、新しい技術では電気活性ポリマ、加圧流体スマートマテリアル、化学物質も用いられている。
 今日の急速に変化する環境では技術的要求がますます増えている。市場は、予測期間で堅調な成長が予想されているが、これは軍&防衛、自動車、航空宇宙、ヘルスケアの分野で技術イノベーションに対する要求が強くなっているためであり、その結果、4Dプリンティングの採用が増加すると見られている。さらに、イノベーションや製品開発に対する潜在的な余地が、今後数年で市場要求を補完する見込みである。
 
調査の要点
・グローバル4Dプリンティング市場は、2019年には6450万ドルに達する見込みである。また、2020-2025年にCAGR 33.2%超で成長する、これは主に軍&防衛、自動車、航空宇宙、ヘルスケア産業からの需要増によるものである。
・プログラマブル炭素繊維は、従来の炭素繊維同様、極めて軽量で強力であることから、予測期間では最大製品セグメントになると見られている。また、複雑なエレクトロニクス、アクチュエータ、センサも不要。破損しがちなメカニズムは最小であり、製品の総重量が減らせるからである。
・軍&防衛分野が、4Dプリンティング市場全体に最も大きく寄与する。2019年のシェアは25%を超える、これに続くのが航空宇宙セグメント。
・北米が、2025年までに4Dプリンティング市場の優勢地域となる見込みである。これは、この地域でR&D投資が活発であり、それが4Dプリンティング技術を後押しするためである。