All about Photonics

Business/Market 詳細

光コネクタの検査とクリーニング機器、10年市場予測

June, 22, 2017, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、光コネクタ用ハンドヘルド検査スコープ、プローブおよびクリーナー利用の市場予測と分析を発表した。
 ElectroniCastによると、これらの機器の世界消費額は、2016年に1億700万ドルに達した。2016年アメリカ地域が、光コネクタ用ハンドヘルドファイバマイクロスコープとクリーナーの世界消費額で40%の市場シェアを占めた。しかし、アメリカ地域(北米と中南米)の市場シェアは、予測期間(20106-2026)に減少すると見られている。
 2016年、ヨーロッパ/中東/アフリカ地域(EMEA)は、相対市場シェア25%、残りがAPACで3760万ドル(35%)だった。
 マイクロスコープは、終端プロセスであり得る欠陥を見つけるために研磨タイプの光コネクタの検査に使用される。コネクタフェルール端面のマイクロスコープ(プローブ付/プローブなし)による視認検査は、ダスト/油、湿気/その他などの異物、コネクタの傷を発見するために使用される。用いられるクリーニングデバイスは様々なタイプがあり、この調査プロジェクトでも調査した。