All about Photonics

Business/Market 詳細

光学センサ市場、2023年に34億6000万ドル

June, 13, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「光学センサ市場、業界(航空宇宙&防衛、公共事業、石油&ガス、医療、建設、家電)、アプリケーション、方法と地域ごとの2023年までの予測」によると、市場は、2017-2023年にCAGR 15.47%で成長し、2016年の11億2000万ドルから、2023年には34億6000万ドルに達する見込みである。
 高精度、過酷環境への耐性が様々な業界で光学センシングデバイスの採用を促進してきた主要パラメータである。

圧力と歪センシングアプリケーションが予測期間において光学センシング市場で優位を占める
 圧力と歪センシングアプリケーションは、2016年の光学センシング市場で最大シェアを占め、2017-2023年の期間に高成長が見込まれている。圧力と歪センシングアプリケーションは、様々な内的/外的方法で考案することが容易であり、アプリケーションは、多様な産業に広がっている。中核的産業はこうしたロバストなセンサに依存しており、これらのセンサはポイントベース、あるいは分布ベースで導入されている。目的は、これらの業界の広範なインフラストラクチャー全域の可視化向上である

航空宇宙&防衛産業は2016年光学センシング市場で最大シェア
 航空宇宙&防衛産業は2016年光学センシング市場で最大シェアだったが、このトレンドは2023年まで継続すると予測されている。同産業は、その運用により優れたセンサの採用を早めており、政府の予算配分や他の投資家を通じた投資増の支援を受けている。センサの過酷環境に耐える能力が、この業界で光学センサ採用の主因である。

北米が最大シェア、2023年までの最速成長率はAPAC
 北米が2017-2023年で光学センシング市場で最大シェアを維持し、優勢を占めると予測されている。米国には非常に多くの光学センシングデバイスベンダが存在し、多様な業界でインフラストラクチャのアップグレード投資が増加するので、これがこの地域の市場成長に貢献する。しかし、APAC地域の光学センシング市場は、最速成長率が見込まれている。この地域の都市化の発展、公共事業や石油&ガスなどの産業でインフラストラクチャモニタのために改善されたセンシング技術導入投資が増加するためである。

この市場の主要プレイヤーは、ROHM Semiconductor (日本), ABB (スイス), 浜松ホトニクス K.K. (日本), ams AG (オーストリア), Fairchild Semiconductors (U.S.).。