All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の自動車LiDAR販売、2027年に130億ドル

June, 9, 2017, Scottsdale--ABIリサーチ(ABI Research)によると、LiDARソリューションの市場での立ち上がりは2019年になり、市場規模は2027年に130億ドルに近づく。
 ABIリサーチのシニアアナリスト、James Hodgson氏は、「最もアグレッシブなスタートアップでさえ、LIDARが自律走行車両のセンシングや認識にとって確実な方法になるとは考えていないが、その技術の自然特性はレーダーやカメラの特性とぴったり合うことは確かである。これらは、ADAS市場では障害検出の不可欠な要素である」と指摘している。「採用のための最大の障害はコストである。実用的な商用実装には固体ビーム操作やIR照射技術が絶対に不可欠であることが分かっているからだ」。
 「センサ当たりのターゲット価格100ドル~250ドルが達成されれば、歴史的に有名な価格から大幅な下落となる。とは言え、360°をカバーするためにコネクティッド車両に多数のセンサを組み込む必要があるということは、車両にLiDARを装備することが、なお大きな超過コストになることを意味する。たとえ出荷数量が段階的に増えたとしてもである。したがって、単純にレガシーの衝突防止ADASを実現できるとしても、それは十分なROI(投資対効果)にはならず、投資を保証するには、LIDARが高度自動運転での利用をサポートしなければならない」と同氏は分析している。
(詳細は、www.abiresearch.com)