All about Photonics

Business/Market 詳細

ファイバオプティクス市場規模、2025年に91億ドル超

May, 30, 2017, Sun Francisco--グランドビューリサーチ(Grand View Research)のレポートによると、世界のファイバオプティクス市場は、2025年に91億2000万ドルに達する見込みである。
 軍&航空宇宙分野でデータセキュリティの必要性が高まっていることが、この技術の成長を後押ししている。帯域性能、本質的な安全性、信号干渉に対する保護のために、セキュリティ分野で光コネクタに膨大な需要が存在する。医療および航空宇宙分野における光技術の採用増は2025年までに市場を変革すると見られている。

調査結果の要点
・2015年、マルチモードセグメントが市場全体で優位を占めた。マルチモード技術で、光のマルチモード同時伝搬が可能になる。これはオーディオ/ビデオアプリケーション、特にLANsの転送レートを増強する。
・光ケーブルの需要増は、キャリアやエンタプライズネットワーク全体で帯域需要が拡大しているためである。
・医療業界ではファイバオプティクスは新規のアプリケーションがあり、主に光輸送、照明、フレキシブルバンドリング、レーザデリバリシステムに用いられる。
・北米地域が2015年の市場で優位を占め、世界市場で最大シェア(31.1%)だった。
・2015年の世界のファイバオプティクス市場規模は、54億1100万ドル。
・タイプ別では、市場は、シングルモード、マルチモード、プラスチックオプティカルファイバ(POF)に分けられている。2015年では、販売額でマルチモードセグメントが市場で優位を占め、28億6420万ドルだった。
(詳細は、www.grandviewresearch.com)