All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dレーザスキャナ市場、2022年に37億4000万ドル

May, 24, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dレーザスキャナ市場、2022年までのグローバル予測」によると、市場は2017-2022年の期間にCAGR 8.18%で成長し、2022年には37億4000万ドルに達する見込みである。この市場の成長の原動力は、3Dレーザスキャナによる品質制御と検査基準の高いレベル、多様な産業における3Dレーザスキャナの大量導入、世界中に3Dプリンタの新興市場が存在することなどの要素である。

射程の短い3Dレーザスキャナ市場が市場をリード
射程の短い(ショートレンジ)3Dレーザスキャナ市場が予測期間で市場全体の最大シェアを占めると見られている。ショートレンジ3Dレーザスキャナは、3Dスキャニングデータの高精度、リアルタイム可視化を可能にする。製造工場数の増加が、品質制御や検査基準で射程の短い3Dレーザスキャナの適用範囲を広げている。したがってこの市場は予測期間を通じて最高CAGRで成長すると予測されている。

リバースエンジニアリングアプリケーション市場が最高成長率
リバースエンジニアリング(解析調査)アプリケーション市場は、20107-2022年の期間に最高成長率が見込まれている。リバースエンジニアリングは、3Dモデリング、スキャンデータからの復元、デジタルシミュレーションで使用される。3Dレーザスキャナを用いる主な利点は柔らかくて脆弱なパーツの計測、多数のポイントを短時間で検出することなど。リバースエンジニアリングが用いられる分野は、タービンブレード、車体パーツ、エンジンパーツ、アンテナ、船舶のパーツ、医療インプラントが含まれる。

2016年アメリカ地域が3Dレーザスキャナ市場の最大シェアを維持
2016年3Dレーザスキャナ市場の最大シェアを維持したのはアメリカ地域。これは、主要なプレイヤが存在するためである。自動車、車両メーカーの組み立て工場がアメリカ地域に存在する。これらの自動車部品は、高精度の計測、品質制御や検査を必要とする。このため、自動車産業では3Dスキャニング計測の需要が増加すると考えられる。したがって、この地域で市場は高成長が見込まれている。