All about Photonics

Business/Market 詳細

ファイバオプティクスセンサ、10年予測

May, 15, 2017, Aptos--エレクトロニキャストコンサルタンツ(ElectroniCast Consultants)は、光ファイバセンサの世界の消費額予測と分析レポートを発表した。
 同レポートによると、分布およびポイント(局所)ファイバオプティクス(光ファイバ)センサを合わせた利用は、昨年(2016年)33億8000万ドルに達した。世界の消費額は10年で(2026年)59億8000万ドルに達すると予測されている。このレポートの市場予測データは特定暦年の消費額であり、累積データではない。
 アメリカ地域とEMEA地域が、昨年はファイバオプティクセンサ全体の消費額で同等の市場シェアを占めた。EMEAが、昨年は装置市場シェアでわずかにリードしていたが、予測期間ではAPACが優位に立つ見込みである。
 EMEA地域は分布ファイバオプティクシステムで強力な役割が予測されている、これは同地域で航空機製造、石油化学、天然資源、エネルギー/公共事業アプリケーション分野での利用が成長原動力となっているためである。
 ファイバオプティクポイントセンサでは、アメリカ地域が予測期間の前半で市場シェアの優位を維持すると予測されている、これは主に軍/航空宇宙アプリケーション分野でファイバオプティクジャイロ(FOG)の利用が成長の原動力となるためである。消費額は、エンドユーザアプリケーションとエンドユーザ地域をベースにしている。
 FOGは、2016年、世界のポイントファイバオプティクセンサ消費額の65%を占めた。ElectroniCastのファイバオプティックコンポーネントグループディレクタ、Stephen MOntgomery氏は「全ての地域で、FOGシステムの消費数量と額で大きな増加が予測されている。これは主に航空機製造、軍事の重要ミッションアプリケーション(UAVとミサイル誘導、ナビゲーション)で利用が増加するためである」とコメントしている。