All about Photonics

Business/Market 詳細

レーザ技術市場、2022年に153億8000万ドル

May, 12, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「レーザ技術市場、タイプ、業界、地域ごとの2022年までの予測」レポートを発表した。同レポートによると、市場は2017-2022年の予測期間にCAGR 5.2%で成長して、2022年には153億8000万ドルに達する見込みである。レーザ技術市場成長の主要な原動力には、ヘルスケア分野からの需要増、ナノおよびマイクロデバイス製造への移行、従来の材料加工技術に対する性能強化が含まれる。

2022年までに固体レーザが最大市場規模
2016年のタイプセグメントでは、固体レーザがレーザ技術の最大シェアを占めた。この成長は、固体レーザが活性媒体で材料消耗を防ぐことができ、また高効率で連続およびパルス出力ができるためである。さらに、固体レーザは金属の穴あけ、内視鏡などのアプリケーションでも使用できる。

予測期間で光通信アプリケーションが最大成長率
光通信アプリケーション向けのレーザ技術市場は、予測期間で最高成長率が見込まれている。レーザ技術は、デジタルおよびアナログ光ファイバネットワークで高速データ伝送に用いられる。このため、2017-2022年の予測期間にこの市場の成長が促進される。

商業分野向けのレーザ技術市場が予測期間で最高成長率
商業分野向けレーザ技術市場が2017-2022年に最高成長が見込まれている。この高い成長率は、レーザプロジェクタ、プリンタ、賞品やギフト製作、バーコードマーキングでレーザ技術の利用が増加しているためである。

APAC地域が予測期間でレーザ技術市場の最大シェア
APACは、2017-2022年の期間にレーザ技術市場の最大シェアを占めることが予測されている。この成長は、半導体、製造業、通信、自動車業界からコスト効果が高く、高速加工ができるレーザ加工機の需要が増加しているためである。コスト優位性、この地域の様々な国々の政策が国内製造を促進すること、これらがレーザ技術市場の成長を強く後押しすると見られている。