All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の病院照明市場、2021年に70億ドル超

May, 10, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「病院照明市場、2021年までの予測」レポートを発表した。
 病院照明市場は、2016-2021年の予測期間にCAGR 6.2%で成長し、2016年の51億9000万ドルから、2021年には70億3000万ドルに達する見込みである。世界の病院照明市場の成長に寄与する主要素に含まれるのは、LED技術の採用増、ヨーロッパや北米の病院規模の拡大である。また、技術の発展が、予測期間において新たな機会を生み出す。
 同レポートは、市場を製品、技術、アプリケーションをベースにして分けている。製品ベースでは、市場はトロッファ、表面実装照明、無影灯、その他の製品に分けられている。2016年、トロッファセグメントが市場の最大シェアを獲得すると見られている。これは、アジアの諸国で病院の数が増え、世界中の病院でLEDベースのトロッファの採用が激増したためである。
 技術ベースでは、市場は、蛍光灯、LED、再生可能エネルギーおよび他の技術に分かれている。2016年、蛍光灯セグメントが市場で最大シェアを占めると見られている。これは、コストが最小であり、運用コストも低いためである。蛍光灯の23年の平均運用コストは、約48ドル、蛍光灯の平均コストは約2ドルである。
 アプリケーションベースでは、市場は病室&ICU、診察室、手術室と他のアプリケーションに分けられている。病室&ICUセグメントが、予測期間で最高成長が見込まれている。技術の発展と病室でのLEDベースの照明器具の採用増が、このアプリケーションセグメントの成長を促進する主因。
 地域的には、北米が世界の病院照明市場で優位を占めている。北米セグメントの成長は、主に技術時進歩、政府の政策に後押しされている。