All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の適応型オプティクス市場、CAGR 83.9%で成長

May, 9, 2017, NY--トランスペアレンシーマーケットリサーチ(TMR)によると、世界の適応型オプティクス市場の現在の市場勢力図は極めて細分化されている。
 現状、複数のローカルプレイヤが市場での成功を狙っている。製品イノベーションとR&Dが、世界市場におけるプレイヤが採用している主要戦略の一部。同レポートによると、世界の適応型オプティクス市場の主要プレイヤは、Olympus Corp., Northrop Grumman Corporation, Carl Zeiss Meditec AG, および Canon Inc.。2015年現在、これらの企業が市場全体で24%のシェアを獲得していた。優勢を維持するためにプレイヤは先進的な天文デバイスの開発に注力すると見られている。
 TMRによると、世界の適応型オプティクス市場は、2015年の4億5830万ドル規模から2024年には1096億8590万ドルに達する見込みである。2016-2024年の予測期間、様々な分野でこの技術のアプリケーションが拡大するために、世界市場はCAGR 83.9%で成長すると見られている。
 技術面では、世界の適応型オプティクス市場は、波面センサ、波面変調器、制御システムに分かれている。2015年、波面センサセグメントの市場シェアは45%だった。今後も、このセグメントの世界市場での優勢は続くと見られている。地理的視点では、北米適応型オプティクス市場が世界市場をリードすると予測されている。2015年の収益では、同地域は世界市場の約40%を占めた。米国が北米市場を牽引しており、米国では防衛、セキュリティ、天文学、その他医療処置の分野における技術の普及が高いためである。