All about Photonics

Business/Market 詳細

中国マシンビジョンシステム市場レポート

May, 2, 2017, Beijing--リサーチインチャイナ(ResearchInChina)のレポートによると、マシンビジョン世界市場規模は、2016年に68億ドル、前年比6.3%成長だった。2017-2021年にCAGR 7.5%で成長して2021年には90億ドルに達する見込みである。ドイツとアメリカが二大市場で、それぞれ2016年のマシンビジョン世界市場で30%を超えるシェアを獲得している。
 中国ではマシンビジョン市場は2010年にスタートし、急速に発展している。市場は、2016年に約3億9000万ドル、世界市場の5.7%であるが、前年比で18.2%の高成長だった。自動化とインテリジェントの進行に伴い、中国のマシンビジョン市場は、2017-2021年の期間に、世界平均よりも高い、年平均成長率20%程度で成長すると予測されている。
主要マシンビジョンベンダーは、Keyence, Cognex, DALSA, Panasonic, およびOmronであり、2016年の市場シェアは、併せて35%程度。中国のDaheng New Epoch TechnologyおよびShenzhen JT Automation Equipmentは、国際的なベンダーと比べて競争力が低く、2016年のそれぞれのシェアは1.5%以下。
 マシンビジョン製品は主に半導体&電子製造や自動車に適用され、この2分野が2016年のマシンビジョン総需要の約60%を占めた。自動車製造へのマシンビジョンの普及は総じて高く、通常1製造ラインに12セットの装置が導入されている。マシンビジョンのアプリケーションは広がりつつあり、自動車がよりインテリジェントになると、自律走行車の対物認識にも使用される。