All about Photonics

Business/Market 詳細

融着接続機市場、2022年に7億6230万ドル

May, 2, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「融着接続機市場2022年までのグローバル予測」レポートを発表した。この市場調査レポートによると、融着接続機市場は、2016年に5億7050万ドル、その後CAGR 4.72%で成長して2022年には7億6230万ドルに達する見込みである。
 融着接続機の出荷数量は、2016年に65735台、予測期間にCAGR 6.52%で増加して、2022年には97353台に達すると予測されている。ネットワーク帯域と低挿入損失に対する要求が増えており、これらが融着接続機市場の成長要因。

2017-2022年の期間にソフトウエア&サービスが高い成長率
融着接続機ソフトウエア&サービス市場は、ハードウエアよりも成長率が高い。これはメーカーが販売前後のサービスに力を入れているためである。現在、カスタマイズされたハードウエアとソフトウエア設計、工程改善相談、高度なトレーニング、保守サービス契約も含まれるカスタムエンジニアリングサービスが提供されている。

2017年、調芯タイプ融着接続機市場が最大シェア
コアアライメント法で、精密調芯ができ、一般的に融着損失はわずか0.02dBとなる。このレベルの精度が全てのシングルモードファイバ(SMF)アプリケーションで求められており、マルチモードファイバ(MMF)の性能向上でも必要とされている。このコアアライメント融着接続機は、その精度と信頼性のために、CATVインストレーション、バックボーンネットワーク、スペシャリティファイバアプリケーション、光コンポーネント製造で主に選択される。

APACの融着接続機市場が予測期間中に高成長
通信分野でのネットワーク高帯域需要が融着接続機市場の成長原動力となっている。APACの通信およびブロードバンドネットワークの広範な展開が地域の光ファイバ市場の成長を促進し、融着接続機需要の成長を後押ししている。
融着接続機市場の主要プレイヤは、住友電工、古河電工、フジクラ(日本)、ILSINTECH CO., LTD. (韓国), INNO Instruments Inc. (韓国), and Darkhorsechina (中国) Telecom. Tech. Co., Ltd. (中国)。