All about Photonics

Business/Market 詳細

分布光ファイバセンサ市場規模、2025年に23億9000万ドル

May, 1, 2017, San Francisco--グランドビューリサーチ(Grand View Research, Inc)のレポートによると、世界の分布光ファイバセンサ(DFOS)市場規模は、2025年までに23億9000万ドルに達する見込みである。分布光ファイバセンサは、石油&ガス、インフラストラクチャ開発、土木工事、電気&公共設備などの幅広いアプリケーション分野で使用されている。
 建設工事業界からの需要、石油&ガス分野の成長機会増大がDFOS市場の成長を促進する。光検査装置メーカーは、困難な環境で動作するDFOSセンサの機能確保に注力している。関連するイノベーション領域は、インフラストラクチャ、アーキテクチャ、評価能力である。

調査の要点
・2015年、温度センシングアプリケーションセグメントが市場で優勢だった。温度センサは、石油&ガス、建設工事セグメントで需要がある。
・北米が世界市場で優位を占め、2015年は最大市場シェアだった(販売額)。
・DFOS装置の需要増は、企業および製造分野全体で効率的で最適化された工程に対する要求が継続的に高まっているためである。
・主要プレイヤーは、横河電機(日本), Halliburton Company (U.S.), Schlumberger Limited (U.S.), and QinetiQ Group plc (U.K.)。
(詳細は、www.grandviewresearch.com)