All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の分光測定市場、2021年まで北米が優位

April, 26, 2017, Toronto--TechNavioは世界の分光測定市場についてのレポートを発表した。それによると、市場は、2017-2021年にCAGR 7%程度で成長する見込みである。

北米における分光測定市場
北米の分光測定市場では、カナダ、メキシコ、USが販売額に貢献する主要国。北米市場の成長は、分光測定のイノベーションと先進技術の組込が原動力となっている。医療科学分野における連邦政府の投資も北米の分光測定普及で基本的な成長因となっている。
 主席アナリスト、Sunil Kumar Singh氏によると、「赤外分光測定とプロセス分光測定がこの地域の主要な成長原動力である。2015年赤外分光測定は分光測定市場の35%を占め、プロセス分光測定は北米の分光測定市場全体の47%を占めた」。

APAC地域の分光測定市場
APACの分光測定市場は、製薬技術、ライフサイエンス、バイオテクノロジー研究への政府の助成金増が成長の原動力。環境および食品安全セグメントがAPACにおける分光測定市場の成長を促進している。次の4年で、成長のチャンスをつかみ取るために、この市場への新たなプレイヤの参入が予想される。

ヨーロッパにおける分光測定市場
ヨーロッパの市場成長に貢献している主要国には、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、UKと東欧の2,3の国々が含まれる。原子発光分光測定は、この地域の重要な成長因。市場はすでに成熟に達しているが、宇宙、航空、防衛分野への貢献は継続している。

この分野の主要ベンダは、アジレント・テクノロジー、日立ハイテクノロジー、Jeol、パーキンエルマ、島津製作所など。