All about Photonics

Business/Market 詳細

LED材料市場、2021年に125億ドル超

April, 21, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「LED材料市場、2021年までのグローバル予測」レポートを発表した。LED材料市場は、2016-2021年の期間にCAGR 9.9%成長で、2021年には125億5000万ドルに達する見込みである。

 市場は、一般照明アプリケーションのLED材料需要増加が成長の原動力になっている。この成長は、住宅および産業施設向けLED需要増加の結果である。これらのアプリケーションでLEDの利用は、全般的なエネルギーコスト低減に寄与し、カーボンフットプリント削減にもなる。

APAC地域が2016年、LED材料の最大市場
APACは現在、LED材料の最大市場。中国がNo.1国。中国では、一般照明、自動車照明、バックライティングなどの最終利用産業でLED材料が大量に消費される。さらに、中国では、可処分所得が増える人口が拡大しており、これがより優れた品質のLED材料の需要を押し上げている。

2016年、LED材料市場で最大タイプセグメントはウエファ
LEDは次の材料を用いて製造される。ウエファ、エピタキシ、基板および蛍光体。2016年では、ウエファセグメントが、金額面で最大市場シェアとなり、これにエピタキシが続いた。ウエファセグメントは、2016-2021年の期間に金額的に、最大CAGRで成長すると予測されている。

2016年、一般照明がLED材料市場で優勢
一般照明アプリケーションが、LED材料市場を牽引すると予測されている。これは、エネルギーコスト全般を下げるために住宅LED市場からの需要増が成長の原動力となっているためである。産業用照明も、一般照明に次いで、LED材料市場の成長に貢献すると予測されている。産業環境におけるLEDの利用が増加している。従来の光源に比べて、温度限界、また連続/長期動作時間などの課題を克服できるからである。