All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のバイオフォトニクス市場、2022年に624億ドル

April, 20, 2017, London--KBVリサーチの「グローバルバイオフォトニクス市場(2016-2022)」によると、バイオフォトニクス技術の採用は急速に進んでいる。2022年にかけて同技術の浸透は著しく拡大する見込みである。この技術は、様々な生物学的材料の可視化、検出、操作、さらには生体の細胞や組織の内的機能の理解に使用される。
 世界のバイオフォトニクス市場は、バイオセンサ分野における大きな展開、非医療分野における採用増加が成長原動力となっている。市場成長のさらなる推進力は、R&Dにおける著しい前進、技術開発に対する投資増によると見られている。
 バイオフォトニクス測定器の技術的な複雑さと高価格が、2022年までの市場成長の主要阻害要因でもある。
 世界のバイオフォトニクス市場は、2022年までCAGR 11%で成長し、624億ドルを超える見込みである。2016年現在、市場規模は、約302億ドルである。
(詳細は、www.marketpublishers.com)