All about Photonics

Business/Market 詳細

エネルギー効率のよい照明世界市場予測

April, 18, 2017, NY--トランスペアレンシーマーケットリサーチ(TMR)によると、General Electric Company, Eaton, and Philips Lighting Holding B.V.,の3社が、世界のエネルギー効率のよい照明市場ではリーディングプレイヤである。2015年、これら3社の販売総額は世界市場の83%を占めた。これは技術開発と流通力に関して、市場における3社の成功率を示すものである。フィリップスとイートンは、これまで互角に競争してきた。同時に、世界的には大手プレイヤの根城にもかかわらず、多数のローカルプレイヤを持つ地域がたくさんある。例えば中国は、国際的なプレイヤの市場浸透に激しい抵抗を示してきた、これはプレイヤがしっかりした地域基盤を持っているためである。
 世界のエネルギー効率のよい照明市場は、2024年末には、150億ドルに達する見込みである。2016年末では、54億9000万ドルであり、2016-2024年の予測期間にCAGR 13.4%で拡大続けるとレポートは予測している。
 TMRのアナリストによると、世界のエネルギー効率のよい照明市場の最大支援者は中央政府である。エネルギー効率のよいソリューションに対する要求は、経済的地位に関係なく、世界の全ての地域で著しく高い。政府のサポートが際立つ領域の1つは、ウエアハウスセグメントである。これの例としては、ウエアハウスや同様の空間では、白熱電球が禁止になる。このような禁止が、スマート照明ソリューションの膨大な需要を生み出した。これには、LEDの流通、リモート照明コントロールシステムの利用が含まれる。

世界のエネルギー効率の良い照明市場は、今後驚異的な成長率で拡大すると見られているが、市場のセグメントは現在、烈しく競い合っている。照明タイプをベースにすると、市場は、高輝度ランプ、線形蛍光灯(LFL)、発光ダイオード(LED)、その他に分けられる。LFLは、最近数年は大きな需要があった。しかし、LED照明の価格下落と平均効率水準向上により、LFL需要は大きく落ち込んだ。今後数年、LEDは、収益と数量需要でLFLを凌駕すると見られている。
(詳細は、www.transparencymarketresearch.com)