All about Photonics

Business/Market 詳細

量子カスケードレーザ市場、2022年に3億7400万ドル

April, 18, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「量子カスケードレーザ市場、パッケージタイプ、動作モード、製造技術、エンドユーザごとに、2022年までの世界予測」を発表した。
 量子カスケードレーザ(QCL)市場は、2016年の3億290万ドルから、2017-2022年の期間にCAGR 3.9%で成長し、2022年には3億7480万ドルに達する見込みである。市場を牽引するのは、ガスセンシング、化学検出機器。QCLは、呼気分析アプリケーションでも強い需要がある。

産業分野がQCL市場の最大シェア、予測期間で大きな成長見込み
 QCL市場は、ガスセンシングアプリケーションにより、産業分野が成長原動力となっている。製造メーカーは、ガスセンシングにQCLを採用して製造ユニットにおける危険ガスを検出する。このトレンドは、今後さらに伸びると予想されている。中国、インドなどの新興経済諸国で産業基盤のさらなる拡大が予想されるためである。これが、QCLデバイス需要を押し上げている。

ファブリペロQCLが予測期間に最高成長
 製造技術ベースでは、ファブリペロQCLsのQCL市場が、2017-2022の期間に大きく成長すると予測されている。これは、赤外線対策需要が伸びるためである。軍および防衛分野は、QCLベースの技術をますます採用するようになっており、これがファブリペロQCL市場の成長を促進する。

北米が2022年までのQCL市場で大きなシェアを維持
 北米は、2016年QCLの最大市場であり、これにヨーロッパ、APACと続いた。これは、主に産業分野が市場を牽引しているためである。APACの市場成長は、産業、医療及び軍と防衛など、急速発展する分野によるものである。ヨーロッパにおけるQCL市場は、2022年まで二番目に大きな市場シェアを維持する。これはガスセンシングアプリケーションによるものである。