All about Photonics

Business/Market 詳細

ファイバオプティクス市場、2021年に50億ドル

April, 10, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ファイバオプティクス市場、ケーブルタイプ、光ファイバタイプ、アプリケーション毎の2021年までの世界予測」によると、2016年の市場は31億3000万ドル、今後CAGR 9.8%で成長して、2021年には50億ドルに達する見込みである。
 テレコム、CATV、プレミス、センサなどのエンドユースアプリケーションの増加が、ファイバオプティクス市場成長の原動力となっている。これとともに、IoT、OTTコンテンツ、ビデオストリーミングなどのインターネットアプリケーションも市場の成長を後押ししている。

CATVセグメントがファイバオプティクスの最速成長市場
CATVセグメントは2016-2021年の期間に成長が最も急であると予測されている。これはAPAC地域における急成長によるものである。可処分所得の増加、HDコンテンツへの消費者嗜好の変化、柔軟な政府の税制、国内外のプレイヤによる製品や製品提供における急速な技術進歩、競争力のある価格などの要素が、CATVアプリケーション市場の成長を促進する主要な要素の一部である。

シングルモードケーブルタイプが最大市場シェア
シングルモード光ファイバ(SMF)は、推定で2016年に最大市場シェアとなり、さらに予測期間を通じてこの状態は維持されると予測されている。APACの新興諸国における通信サービスの普及拡大努力が同地域でのSMFケーブルの需要増に寄与している。

ガラス光ファイバタイプが最速成長光ファイバタイプ
ガラスファイバタイプが2016-2021年の期間に最速成長すると予測させれている。新興経済諸国における通信アプリケーションの急拡大、多様な経済諸国の政府によるネットワーク接続政策、消費者の好みの変化などの要素がファイバオプティクス市場の成長を後押しすると見られている。

APACがファイバオプティクスの最大市場
APACが2016-2021年のファイバオプティクスの最大市場と予測されている。
(詳細は、www.marketsandmarkets.com)