All about Photonics

Business/Market 詳細

超高速レーザ世界市場、超高速成長

March, 30, 2017, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)によると、産業分野でレーザマーキングを推進する政府の政策、ヘルスケア分野で侵襲性の少ない手術に対する要求増が超高速レーザの世界市場で大きな成長の原動力となっている。
 2016-2021年、この超高速成長市場は、2016年の27億ドルから、2021年には3倍以上の約71億ドルに達する見込みである。
 BCCリサーチのレポートは、ファイバレーザが市場シェア54.2%と優勢であると指摘している。ファイバレーザの特徴、高い光品質、高出力、高い振動耐性、これらが近年、他の従来型超高速レーザを置き換えてきた。

調査の要点
・技術的な進歩が、超高速レーザメーカーにとっての大きな成長機会を後押ししている。
・レーザマーキングは、他の加工よりもリサイクルが容易であり、従来技術に対して魅力的で、環境にやさしい工程となる。
・生産性向上と製造効率が、製造、技術、バイオメディカル、通信分野の全域で超高速レーザ需要を生み出している。

 「超高速レーザの成長をサポートする要素には、比類のない高強度がある。これは、低発散角、カバーするパス全体でエネルギーロスが最小なること、またエネルギーレベルの高さのためである。超高速レーザに匹敵するものは全く存在せず、これは将来的にも変わらない」とBCCリサーチのKevin Fitzgerald氏は指摘している。
 長年のR&Dの後、超高速レーザ技術は、医療や太陽光発電(PV)分野を含め、アプリケーションが拡大した。
 「価格の低下により、ユーザは超高速レーザでさらに新しいアプリケーションを見つけることができるようになる。例えば、ファイバレーザは、マイクロマシニングで必要となる低価格製品を可能にする。また、Qスイッチレーザは、超高速レーザの置き換えになる」と同氏はコメントしている。