All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車LED市場需要が世界のLED市場を牽引

March, 29, 2017, Taipei--LEDinsideの予測によると、堅調なLED市場価格と自動車照明分野の急成長により、自動車LEDの市場規模は2017年に28億1700万ドル(+14.8% YoY)に達する見込みである。
 相対的に言うと、LED産業全体のCAGR は2015-2021年の期間に3%である。LEDの主流アプリケーションに含まれるのは、携帯電話、中型・大型パネルバックライトであるが、OLEDの開発が進んでいる、これらは徐々に下降する。LED照明は、LED産業で最大のアプリケーションであるが、全般的な製造価値の伸びは低下している。普及が飽和していることと競合が多いためである。しかし、LEDメーカーは、ファインピッチディスプレイとともに自動車照明に投資してきたので、その市場はまだ成長、発展期にある。

自動車市場成長原動力の分析
1.中国自動車メーカーの継続的発展
 2016年、自動車販売はわずかに増加。しかし個別地域を見ると、北米では乗用車の販売が落ち込み、石油減産は新車販売を刺激しなかった。Brexitによる不確実性のために、ヨーロッパでは市場需要が後退。しかしアジア市場は好調だった。中国の大都市は注文制限を発したが、国内産業のアップグレードの影響により、成長速度は以前よりも悪かった。

2.ヘッドライトとフォグライトでLED普及率拡大
 ヘッドライトとフォグライト市場は、依然として主要ハイパワーLEDの成長源である。高輝度、高い技術障壁、低普及率により、ヘッドライトとフォグライトのLED普及率は、それぞれ12%、16%と推定されている。2015-2020年の製造価値CAGRは、それぞれ18%、15%に達するものと見られている。

3.製品設計が自動車用LED市場需要を強化
RCLへのライトガイドプレート導入率が進んでおり、これによりRCL製品におけるLED数が増加する。自動車は一段とインテリジェントになり、マルチメディア機能が増え、インテリジェントバックミラーがインストールされる。これによってブランドコーナーを回避し、運転の安全性が向上する。次の2年でこれらは自動車の標準装備となり、車両用カメラやパネルの利用を刺激する。次の5年で、自動車パネルは、自動車アプリケーションで最速成長となる。2021年には、その製造価値は1億7300万ドルに達する見込みである(2016-2021 CAGR: 26%)。

(詳細は、www.ledinside.com)