All about Photonics

Business/Market 詳細

レーザ加工市場規模、CAGR 8.9%成長で2025年に230億ドル

March, 14, 2017, San Francisco--グランドビューリサーチのレポートによると、レーザ加工世界市場は、2025年に230億ドルに達する見込みである。
 石油&ガス探査目的の高価なレーザドリリング技術の利用増加が従来の技術を置き換えると見られている。掘削コストの低下は、非経済的な油層の利用可能性を高める。したがって、市場の成長にプラスの影響となる。産業ソーラモジュールでは、この種の加工のニーズが高まることで、レーザ加工市場の成長を一段と促進すると期待されている。
 医療分野におけるレーザ技術要求は、技術進歩により、大きく伸びると見られている。こうした技術の発展は、回復時間の短縮、小切開、痛みの軽減につながる。このような方法の採用増は、外科用レーザ需要を促進すると予測されている。エッジ品質や切断速度の向上につながる進歩が、レーザ加工市場の成長につながると見られている。

調査の要点
・ファイバレーザは、2016-2025年の期間にCAGR 10.0%超で成長する見込みである。ファイバレーザが複数のエンドユース業界で広く採用されている。これは他の製品に比べて非常にコスト効果が高いためである。
・材料加工セグメントは、推定CAGR 9%超の成長で注目を集めると見られている。これは、高速&高精度産業加工を行うレーザ技術によるものである。
・APAC地域は最速成長地域として登場してきており、この地域のOEMs数の増加により、CAGR 10%を上回る成長が予測されている。
(詳細は、www.grandviewresearch.com)