All about Photonics

Business/Market 詳細

分布ファイバオプティックセンサ市場、2022年に17億1200万ドル

March, 14, 2017, Amsterdam--ASD Reports発表のレポート「分布光ファイバセンサ市場、動作原理(OTDR、OFDR)、ファイバタイプ(SMF、MMF)、散乱プロセス(ラマン効果、レイリ効果)、アプリケーション(温度、音響)、業界、地域ごとの2022年までの世界市場予測」によると、分布ファイバオプティックセンサ市場は、2016-2022年の期間にCAGR 15.09%で成長し、2022年には17億1230万ドルに達する見込みである。
 市場成長の主因に含まれるのは、石油&ガス産業におけるセンサのアプリケーション増加、分布ファイバオプティックセンサ市場、土木工学業界からの需要増加、過酷環境における動作で分布ファイバオプティックセンサの信頼性である。これらの要素が、市場の成長を促進すると見られている。

石油&ガス業界向け市場が予測期間で最高市場シェア
石油&ガスは、様々なアプリケーションで分布ファイバオプティックセンサの利用を始めた最初の業界。この業界では、分布ファイバオプティックセンサは主に、油井の正確な温度モニタリング、裸孔の物理的パラメータの詳細を把握するために使用される。また、石油&ガスプラントで資産の運用や経済的パフォーマンスを最適化するために連続的、リアルタイムの下げ孔モニタリング向け分布センサの利用は、この業界で分布ファイバオプティックセンサ市場成長を促進するもう1つの理由となっている。

音響アプリケーション向けの分布ファイバオプティックセンサ市場は、予測期間で最高CAGRで成長
分布音響センサは、分布光ファイバを使い、音響変化、振動変化の計測に使用される。光ファイバは、この変化を長さに沿って計測できる。音響センシングアプリケーション市場は、最高成長率が予測されている。また、温度センサと比較して、音響センサの強化された感度は、音響センシングアプリケーション向けのこれらセンサの普及を促進する主因となる。市場は、石油とガス、電力と公共施設、土木工学業界。分布音響センシングは主に、石油とガス、安全と保安、土木工学で用いられる。

APAC市場が予測期間で最高成長率
APAC市場は、最速成長市場と予測されている。APAC市場は、インド、中国、韓国、その他のAPACに分けられる。APACは、多様なアプリケーションに分布ファイバオプティックセンサ市場を利用する様々な業界向けの主要市場。
(詳細は、www.asdreports.com)