All about Photonics

Business/Market 詳細

予測可能な将来にウェアラブル技術でHUDが優勢

March, 6, 2017, Amsterdam--ビジュアル/ヘッドアップディスプレイ(HUD)と組込みコンピューティング技術は、予測可能な将来ウェアラブル技術領域で優勢を占める、これは、軍が兵士、海軍軍人、空軍兵、海兵隊の状況認識を改善しようとしているからである。
 Dr. Bruce Floersheimの「ウェアラブル技術市場と技術予測」レポートによると、市場は急成長しており、今後10年にCAGR 29.0%成長で、累積30億ドル規模になると予測されている。
 HUDの背後にある元の考えは、装着者に、同じ前方のビジュアルコーンに表示された重要情報を見る機能を提供することであった。そのビジュアルコーン表面の情報表示によりユーザは、前進中に前方にある状況認識を維持できる。それは、ダッシュボードに搭載した計測器から情報をフロントのサイトコーンに移動することで始まった。
 これが発展して、視覚スクリーンにオーバーレイされた赤外情報ディスプレイになる。情報は、ジオタグ(geo-tag)を通して認識された対象物の状況、状態についてのライヴ映像から引き出されたものである。
 現在進行している次のステップは、ハードウエアを縮小して、メガネやコンタクトレンズとして装着できるようにすること、複合拡張現実(MAR)が見えるようにソフトウエアを開発すること。
 MARは、2D/3D対象の形で視覚情報、数字をHUDに加えることができ、内蔵コンピューティング技術が、予測可能な未来にはウェアラブル技術領域で優勢を占めることになる。
(詳細は、www.asdreports.com)