All about Photonics

Business/Market 詳細

2022年にFSO市場は11億9800万ドル、VLC市場は149億ドル

February, 21, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「フリースペースオプティクス(FSO)と可視光通信(VLC)市場、2022までの予測」によると、FSO市場は2017-2022年にCAGR 41.4%で成長して2022年には11億9890万ドルに達する見込みだ。2017年の市場規模は、2億1240万ドル。FSO市場成長を後押しする要素は、ラストマイル接続、FSOのフリーライセンス、屋外ネットワーク向けRF過大負荷の代替ソリューション。
 VLC市場は、2017-2022年の期間にCAGR 62.9%で成長し、2022年には149億1000万ドルに達する見込みである。2017年の市場規模は、13億ドル。この成長を後押しする主因は、他の競合技術に比べて高速で安全なデータ伝送、RFスペクトル帯域逼迫、帯域制限がないこと、低消費エネルギー、グリーン、クリア、安全な技術であること。

モバイルバックホールとスマートストアアプリケーションが、それぞれFSO&VLC市場で最大シェア
 FSOのモバイルバックホールアプリケーションはFSO市場全体で最大市場シェアを占めていた。一方、VLCのスマートストアアプリケーションが2016年のVLC市場全体で最大シェアだった。モバイルバックホールアプリケーションがFSO技術のアーリーアダプタだったので、最大市場シェアとなった。一方、スマートストアはVLC技術のアーリーアダプタだったので、2016年のVLC市場全体で最大市場シェアをとっており、スマートストアのトレンドは、双方向VLCアプリケーションの商用化まで継続すると予測されている。

FSO&VLCの主要ユーザーはアメリカ
 20106年、アメリカ(Americas)地域がFSOとVLCの最大シェアを占めた。通信インフラに対する膨大な投資、政府助成金、軍事支出の増加が、この地域におけるFSO市場の最大シェアの主因。これとともに、政府助成金と複数の公共および商用施設でのVLCシステム導入が、アメリカをVLCの主要なコンシューマーとしている。