All about Photonics

Business/Market 詳細

ファイバオプティック・ジャイロスコープ、2022年に10億ドル超

February, 10, 2017, Magarpatta city--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の「ファイバオプティックジャイロスコープ市場、2022年までのグローバル予測」によると、市場は2016-2022年の期間にCAGR 3.61%成長で、2022年には10億3700万ドルに達する見込みである。この市場の成長を後押しする主因は、世界的な防衛支出の増加。ファイバオプティック・ジャイロスコープ市場全体は、遠隔操作車両誘導の膨大な需要、工業及び家庭での自動化採用増などが市場成長を促進している。

慣性ナビゲーション装置需要がファイバオプティック・ジャイロスコープ市場の成長を後押しすると見られている。
 慣性ナビゲーション装置(INS)市場は、2016-2022年の成長率は最も高い。INSは、市販のナビゲーションおよびコントロールソリューションであり、ここではセンサフュージョンを使うことで、さまなざまな無人、自律、有人航空、地上、海洋アプリケーションに高信頼の高精度ナビゲーションおよび制御を提供する。これらのシステムにおけるファイバオプティック・ジャイロスコープ需要は、近い将来にファイバオプティック・ジャイロスコープ市場の成長を後押しすると予測されている。

3軸ファイバオプティック・ジャイロスコープが2016-2022年に最大市場シェアを占めると予測されている。
 利用できる全センシング軸の中で3軸ファイバオプティック・ジャイロスコープの市場が2015年に最大シェアを占め、集積レベルの向上により、その同じトレンドが2022年まで続くと予測されている。メーカーは、複数の機能を1システムに集積し、デバイス当たりのコンポーネントの数を減らし、製品全体のサイズと重量を抑えようとしている。3軸ファイバオプティック・ジャイロスコープは、そうした集積に極めて適している。

2016-2022年にAPACが最高成長
 APACのファイバオプティック・ジャイロスコープ市場は、2016-2022年に最高CAGRで成長する見込みである。成長の理由は、膨大な人口基盤、センサ開発への投資増、多数のR&D活動、この地域における工業アプリケーションへの注力の増加。APACでは、ファイバオプティック・ジャイロスコープ市場は、中国と日本が主に市場を牽引している。これらの国々では急速に工業化が進んでいるためである。したがって、APACにおけるファイバオプティック・ジャイロスコープ市場は、2016-2022年の間に急成長すると予測されている。