All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のLED照明市場急成長、2022年には542億8000万ドル

January, 30, 2017, Irvine--Zion Market Researchは、「LED照明市場、住宅、建設、屋外アプリケーション、産業展望、包括的分析と2016-2022予測」を発表した。
 同レポートによると、世界のLED照明市場は、2016年に260億9000万ドル。2017-2022年の予測期間にCAGR 13%程度の成長で2022年には542億8000万ドルに達する見込みである。
 LEDsは、白熱電球と比較して10倍高効率の一般照明用光源である。そうした特徴と長寿命、高信頼を組み合わせ、LEDsは次世代照明システムの最適選択肢となっている。正確な動作を確保し、光強度を制御するためにLEDsは効率的なドライバを必要としており、LED特性とACグリッド電圧とを調和させ、制御可能な高品質照明を実現するために通常、パワーエレクトロニクスベースの変換ステージにより実装されている。
 住宅用アプリケーションセグメントがLED照明市場で優位を占め、2016年の市場シェアは40%を超えた。住宅アプリケーションLED照明は、バスルーム、ホール、ダイニングルームとキッチンを含む。屋外用途LED照明が、今後この市場の大きな成長機会を提供すると予測されている。
 2016年、ヨーロッパがLED照明の地域市場で優位を占め、31%の市場シェアだった。北米とヨーロッパ市場が、屋外及び住宅アプリケーションセグメントで大きく伸びると予測されている。新興市場APACでは、住宅アプリケーションセグメントからの非常に大きな需要のために、LED照明市場には莫大な成長機会がある。
 LED照明市場で優位を占める主要プレイヤは、Cooper Industries Plc, Osram Opto, Cree Incorporation, Zumtobel AG, Toshiba Corporation, Philips Electronics N.V., Digital Lumens, Inc. and GE lightingsなど。
(詳細は、www.zionmarketresearch.com)