All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のファイバオプティクス市場急成長、2022年に37億2000万ドル

January, 19, 2017, Sarasota--Zion Market Researchのレポート「ファイバオプティクス市場、2016-2022の予測」によると、世界のファイバオプティクス市場は、2016年に27億5000万ドル、2017-2022年にCAGR 5.2%をわずかに上回る成長で、2022年には37億2000万ドルに達する見込みである。
 ファイバオプティクスは、主にデータのデジタル伝送に使用され、効率と高い伝送容量のために、金属線の置き換え利用が増加している。光ファイバケーブルは、内外の干渉の影響が少ないために、効果的な伝送を可能にする。伝送は、通信要件によりSMFやMMFにより行われる。ファイバオプティクスは、物理的媒体なしでデータ伝送を可能にするリモートセンシング技術もサポートしている。
 ファイバオプティクス市場の成長を後押ししているのは、データセキュリティ懸念についての認識の高まりである。加えて、LED光に光ファイバを使うスマートフォン需要の増加がファイバオプティクス市場の成長を刺激している。ファイバは、1つの場所から遠隔まで光を伝送するが、光から熱を除去する目的でも使用でき、したがって単一の光を微小な点光源に分割することもできる。そのため、美術館、ギャラリ、建築/デザインでも使用可能である。とは言え、ファイバオプティクス市場の成長を阻む主な要素として高い初期コストがある。
 アプリケーションベースでは、ファイバオプティクス市場は、テレコム&ブロードバンド、ヘルスケア、防衛、ケーブルテレビ、プライベートデータネットワーク、その他に分けられる。テレコム分野の成長率が最も高く、予測期間で健全な成長が見込まれている。
 2016年では北米がファイバオプティクス市場の最大シェアを維持した。今後はテレコム分野の技術進歩により、APACがファイバオプティクス市場の成長を牽引すると予測されている。APACイキのインド、日本、中国などの国々はICT分野に積極投資しており、これがファイバオプティクス市場の需要を促進すると見られている。
(詳細は、www.zionmarketresearch.com)