All about Photonics

Business/Market 詳細

PoE照明、2025年に4億1900万ドル

January, 18, 2017, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)の最新レポートは、Power over Ethernet(PoE)照明世界市場の分析、市場問題、法と標準および地域トレンドの調査を行っており、同時に2025年までのPoE照明システム販売額の予測を提供している。

様々な業界でEthernetは、一本のケーブルでデータと低電圧直流(DC)電力伝送の信頼できるソリューションの役割を果たしている。照明業界では、PoEの利用はエネルギー効率という利点を提供する。これは、個々の照明器具内で通常必要とされる交流(AC)から直流(DC)への変換が不要となるからである。ナビガントリサーチのレポートによると、PoE照明の世界販売額は、2016年の推定3580万ドルから、2025年には4億1990万ドルに成長する見込みである。

「PoE照明は信用がある技術を利用する、これは照明業界にとっては新しいが、電話システムやカメラまでの他のアプリケーションでは成功が証明されている技術である」とナビガントリサーチの調査助手、Krystal Maxwell氏は指摘している。「Ethernetを照明関連に加えることで企業は、技術を拡張し、コネクティッド照明システムにおける多くのメリットにドアを開くことになる」。

PoEの成功は、照明分野では他の産業のようにまだ実を結んでいないが、多くの市場プレイヤがその技術の可能性をサポートしている。レポートによると、技術企業と照明メーカーは、PoE照明製品をさらに発展させるために、またビルシステム統合促進のために提携を始めた。

レポート「Power over Ethernet Lightingは、PoE照明世界市場の調査、およびLED、ネットワーク化された照明システム、DC電力などPoE照明に関連する重要技術と競争展望を調査している。
(詳細は、www.navigantresearch.com)