All about Photonics

Business/Market 詳細

LED照明市場、2022年に924億ドル規模に

January, 17, 2017, Pune--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「LED照明市場2022年までのグローバル予測」によると、LED照明市場は、CAGR 13.66%成長で2022年には924億ドル規模に達する見込みである。数量的には、予測期間にCAGR 21.23%で成長して2022年には140億1000万ユニットに達すると予測されている。エネルギー効率の優れた照明システムに対するコンシューマの要求が増えていることが市場の成長を後押しする主因と見なされている。

住宅屋内照明アプリケーションが金額でLED照明市場で優勢
 インフラストラクチャ建設の増加、その大部分は住宅分野であるが、これは住宅屋内照明エンドユーザアプリケーションの高成長に貢献する主因。

ランプセグメントが予測期間で優位を占める
 ランプサブセグメントは優勢市場と見られている。それがLED照明システムの主要光源であり主要なコンポーネントだからである。省エネについての消費者の認識の高まり、高エネルギー効率のよい照明システム導入の増加が、LED照明市場でランプの需要を押し上げると見られている。

APACのLED照明市場が予測期間で最高成長率
 APAC市場は、2016-2022年の期間に最高成長率が見込まれている。この高成長率は、APAC地域の急速なインフラストラクチャ建設によるものである。

この市場の主要プレイヤは、Phillips Lighting Holding B.V. (オランダ), General Electric Company (U.S.), OSRAM Licht AG (ドイツ), Cree, Inc. (U.S.), およびCooper Industries, Inc. (アイルランド)。