All about Photonics

Business/Market 詳細

成長著しいOTNスイッチング、2013年は37%成長

March, 18, 2014, Campbell--Infonetics Researchは「OTNとパケットオプティカルハードウエア」レポートを発表した。これは光トランスポートネットワーク(OTN)スイッチングとトランスポート装置、パケットオプティカルトランスポートシステム(P-OTS)の調査結果。

OTNとP-OTS市場の要点
・世界のOTN全体の売上は2013年に80億ドル、全光ネットワークハードウエア投資の66%を占めた。
・OTNスイッチングセグメントは、2013年に66%成長だった。
・P-OTS装置市場は2013年に17億ドル、メトロエッジとメトロリージョナルP-OTS装置がほぼ対等。
・P-OTS販売額は、2012年下半期と2013年下半期の間で32%伸びた。
・Infonetics Researchの予測では、OTNスイッチングは、2013-2018年にCAGR 約20%で成長する。

「OTNスイッチングは2013年、大きな成長の年だった。これは、サービスプロバイダがコアで統合型WDM+OTNスイッチングと100Gコヒレント技術の導入を優先したためだ。Alcatel-Lucent、Ciena、Infineraが主に恩恵を受けた。一方、中国のキャリアは引き続きOTNスイッチングの大規模導入を拡大しており、Huaweiだけが恩恵を受けている」と主席アナリスト、Andrew Schmitt氏は説明している。
同氏によると、P-OTSセグメントでは、既存のベンダCisco、富士通、Tellabs、Ciena、Alcatel-Lucentが市場リーダーだが、新規参入のBTI、Cyan、トランスモード、EricssonがピュアプレイP-OTSプラットフォームで挑戦してきている。