All about Photonics

Business/Market 詳細

高成長フォトニックセンサとディテクタ世界市場

January, 13, 2017, Wellesley--フォトニックセンサの継続的なイノベーション、それを使用する製品に対する需要が、フォトニックセンサとディテクタの世界市場の成長の大きな原動力となっている。BCCリサーチ(BCC Research)は、新しいレポートで、フォトニックセンサとディテクタ市場のほとんどの商機はアプリケーションが牽引することを明らかにしている。
 フォトニクスは、光の生成、伝送、放射、変調、スイッチング、信号処理および増加に関わる科学。フォトニックセンサとディテクタは、光源、ファイバオプティクス、EO機器、高度なナノフォトニック法とともに、これらの特性を利用して光の検出、センシングを行う。これらのデバイスは、過酷環境では高精度のセンシングや検出を提供することで運用効率を高める。
 フォトニックセンサとディテクタ世界市場は、2016年の約93億ドルからCAGR 15.7%成長で2021年には192億ドルに達する見込みである。軍事セグメントは、2016年と2021年にそれぞれ約31億ドル、57億ドルとなり、5年のCAGRは13.3%である。風力エネルギーは、2021年に6億4800万ドルに達する見込み。2016年の2億6900万ドルから、CAGR 19.2%で成長する。
 フォトニックセンサ市場は、過去数年勢いづいている。実に、その魅力は注目に値する投資収益となる新しいイノベーションを生み出す能力にある。これは、従来のセンシング技術と比較して低消費電力、コスト効果、サイズ縮小、軽量化、高速化を達成しながら、それが機能豊富な製品の開発を可能にするからである。
 市場の大きな機会は、中小企業(SMEs)によるフォトニクス技術の採用、新興経済諸国における大きな成長可能性である。フォトニックセンサとディテクタのコストが下がると、SMEsや新興経済諸国は、これらの機器を多様な産業分野に大量導入すると予測されている。
 スマートセンサは、重要な市場成長の原動力である安全やセキュリティアプリケーションでも使用される。スマートフォン、タブレット、ラップトップの登場が、日常生活におけるスマートセンサの使われ方を変えた。
「スマートフォンアプリケーションの世界的表示価格は、2016年で約2800万ドルと推定されており、これらのアプリケーションにとって今後の成長展望によい前兆が出ている。スマートセンサは、スマートフォンアプリケーションで簡単にコントロールすることができる。スマートフォンの大量販売は、スマートセンサ市場にプラスの影響があると見られている」とBCCリサーチのアナリスト、Gaurav Sinha氏は分析している。