All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のヘッドアップディスプレイ市場、2021年にかけてCAGR 20%超の成長

January, 11, 2017, London--TechSci Researchの調査によると、様々な国の軍事支出増加が、近年のヘッドアップディスプレイ(HUD)需要を刺激している。  
 とは言え、技術進歩が継続しているので、メーカーはこの選択技術を多様なエンドユーザ分野に競争力のある価格で提供できるようになった。例えば、民間航空、自動車などである。加えて、高まる安全要求と交通事故の増加がHUDの自動車産業、主に基本的な車両や中型車への組込を促進している。
 HUD世界市場は、2021年まで、CAGR 20%超で成長すると予測されている。自動車産業や防衛産業が突出しており、最先端の技術を空軍に導入する需要が増加している、また歩行者のいる中での道路の安全性要求が高まっていることなどから、これらの産業が世界中でHUD需要の重要な源泉となっているからである。さらに、HUDの技術進歩と平均販売価格(ASP)の世界的な低下が、自動車や民間航空分野におけるこの技術の普及を促進している。
 地域的には北米がHUDのリーディング市場であった。その背景には、地域全体で高級車市場の拡大がある。
 「世界のヘッドアップディスプレイ市場」レポートは、世界レベルで全面的な、偏りのない分析を提供している。
(詳細は、www.marketpublishers.com)