All about Photonics

Business/Market 詳細

リモートファイバオプティクテスト市場予測

January, 10, 2017, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)によると、リモートファイバオプティクステストとモニタに使用するOTDR機器(全タイプ)は、2021年に2億3060万ドルに達する見込みである。
 ElectroniCastは、OTDR世界市場をカバーするレポートを発表した。このレポートは、光ファイバのリモート連続(アクティブモニタリング-24/7)または定期的/計画的リモートテスト/モニタリングに使用される機器をベースにしている。
 リモートファイバテストとモニタリングで使用されるOTDR機器(全タイプ)の世界的利用は、2021年に2億3060万ドルに達すると予測されている。市場の展望と予測がカバーしているのは、ラック/ベンチトップOTDR、ポータブルOTDR、SFP光トランシーバに組み込まれた内蔵mini/micro OTDR。
 ElectroniCastの市場調査によると、ファイバリンクに沿って問題のあるポイントを検出するためのOTDR内蔵SFP光トランシーバの消費額は、リモートファイバテストとモニタリングアプリケーションで、OTDR機器の市場シェアで優位を占めると予測されている。
「膨大な帯域需要を満たすために、極めて重要な用途/高いデータレートの光ファイバリンクが増えている。爆発的な成長率でリンク数が増加している」とElectroniCastの光コンポーネントディレクタ、Stephen Montgomery氏はコメントしている。
「SLA圧力を改善しながら、一段と狭いスペース(より小さなフットプリント)で帯域容量を増やしたいと言う要求が、内蔵OTDR/SPトランシーバ利用の強力なセールスポイントの一部になっている」と同氏は付け加えている。