All about Photonics

Business/Market 詳細

ハイパースペクトルイメージングシステム2021年に127億ドル

December, 26, 2016, Hadapsar--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「ハイパースペクトルイメージング(HSI)システム市場-2021年までの予測」発表した。
 ハイパースペクトルイメージングシステム世界市場は、2016年に74億1000万ドル、予測期間(2016-2021)にCAGR 11.4%で成長して、2021年には127億1000万ドルに達する見込みである。
 この市場の成長の原動力は、センサ設計における技術的イノベーション、ハイパースペクトルイメージングシステムを用いた研究プロジェクト数の増加、HSIの産業応用の拡大、軽量でコンパクトなローコストカメラの製造。しかしハイパースペクトルカメラの増え続けるコスト、処理の複雑さ、生成される大容量イメージングデータの分析が、この市場の成長を阻害する。
 ハイパースペクトルイメージングシステム市場は、コンポーネント、アプリケーション、地域をベースにして分けられている。コンポーネントベースでは、市場は、ハイパースペクトルカメラと備品に分類されている。2016年ハイパースペクトルカメラ分野は、市場の最大シェアを占めると見られている。新しいアプリケーションやローコストハイパースペクトルカメラの採用増がハイパースペクトルカメラの普及を大幅に後押しした。
 アプリケーションベースでは、市場は、軍事偵察、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断と他のアプリケーション(色度計、気象学、薄膜製造、暗視)に分類されている。2016年、軍事偵察がハイパースペクトルイメージングシステム市場で最大シェアを占める見込みである。ライフサイエンスと医療診断セグメントは、予測期間において最高CAGRで成長すると予測されている。ライフサイエンスと医療診断セグメント成長の原動力は、最近のハイパースペクトルカメラ、イメージ解析法、医療アプリケーションで利用が増えるコンピュータパワー。
 2016年北米がハイパースペクトルイメージングシステム市場で最大シェアを占めると予測されている。これに貢献するのは、研究へのハイパースペクトルイメージングシステムの採用増、研究資金の増加、技術進歩、この地域の商用産業でハイパースペクトルイメージングの利点に対する認識が高まっていることである。APAC地域は、予測期間において最高CAGRで成長すると予測されている。