All about Photonics

Business/Market 詳細

2017グローバルサファイア、LEDチップ市場レポート

December, 20, 2016, Taipei--トレンドフォース(TrendForce)のLEDinside部門が発表した「2017グローバルサファイアとLEDチップ市場」レポートによると、LEDチップ市場規模は2015年に63億2900万ドルだったが、3%成長で2016年に65億200万ドルに達した。2016年下半期以来、中国のLEDパッケージングメーカーが増産している。狙いは、一般照明、自動車照明、ディスプレイアプリケーションを含むこの先3年の市場で勝者となるアプリケーションである。これは中国のTier1 LEDチップメーカーのさらなる量産を助長することになる。
 LEDinsideの推定では、MOCVD装置は、2017年に322セットになる、これは主に中国とマレーシアで増加している。市場力学は、San’an Opto, HC SemiTek, Aucksun, それにIRICO Epilightも含む中国LEDチップメーカーが製造能力拡大を計画していることを示している。メーカーの中には、2H16から装置を計画に追加したところもある。推定では、2017年中国におけるMOCVD総出荷は231セットに達する。旧装置の中には廃棄されるものもあるが、それでも中国は、最大規模の生産増が見込まれ、2017年の世界のLEDチップ製造の50%以上を占めると見られている。
 他の地域の動力学では、2017年にオスラム(Osram)がマレーシアに工場建設を完了し、製造装置導入後、設計能力が拡大される見通しである。
 2016年世界のLEDエピウエファ能力はTIE7840万ピースに達し、LEDエピウエファ能力は2020年に1億1470万ピースと推定されている。地域的に見ると、中国が最大LEDエピウエファ生産基地であり、4インチエピウエファが主流となっている。中国のチップメーカーは、まだパタン化されたサファイア基板(PSS)を必要としており、中国PSSサプライヤは、生産を大幅に増やした。2017年中国のPSSサプライヤ上位5社は入れ替わって、Sinopatt, Jing’An, Rigidtech, ECEC, およびCrystal-Optechとなる見込みである。その中で、製造コストコントロールと歩留まり率改善技術が、他の地域のPSSメーカーを凌ぐと見られている。