All about Photonics

Business/Market 詳細

2ケタ成長を視野に入れるマシンビジョン技術世界市場

December, 15, 2016, Wellesley--ハードウエアの高速化、インテリジェントツールの増加、アプリケーションソフトウエアの開発と導入環境の改善により、マシンビジョン(MV)アプリケーションの普及が拡大し進化している。BCCリサーチ(BCC Research)によると、5年の予測期間にMV技術の変化は継続し、一段と強化が進んで世界市場はCAGR 2ケタ成長が見込める。
 マシンビジョンは、カメラが捉えた画像を解釈する。コンピュータを使ってこの画像を分析し、その分析に基づいて決断を下す。その技術は、イメージングコンポーネントとエレクトロニクスをコンピュータ化された分析・制御システムに組み込んで、自動プロセスを通じて特定、計測、分類、コンポーネントの検査を行う。マシンビジョンの2つの主要タイプは、PCペースとスマートカメラベースと考えられる。
 MVシステムコンポーネントの世界市場は、2016年と2021年にそれぞれ190億ドル、308億ドルに達する見込みである。これは、5年のCAGR 10.2%成長を反映している。分野としては、オプティクス、照明およびフレーム取り込器が2016年の56億ドルから、5年CAGR 10.6%成長で2021年に93億ドルに拡大する見込み。カメラとスマートカメラは、2016年の50億ドルから5年CAGR 10.3%を反映して、2021年には82億ドルに増える。
 過去数年の予測期間中にマシンビジョンは急速に変化した。長期的変化が成長を促進した。例えば、技術的要素がMV製品によって得られる価値を高め、これが需要を刺激し増やしている。また、経済の全ての分野で製造の品質制御、生産性、コスト効果が、MV製品の長期的需要を増加させた。新しいMVアプリケーションは、MVコンポーネントやシステム市場の規模を拡大する。自動ナンバープレート認識、トラフィックフローモニタリング、トラフィック監視と他の関連アプリケーションがMVシステムの統合と利用を促進している。
 他の成長要因に含まれるのは、品質検査や自動化の要求増、視覚誘導ロボットシステムの急激な需要増、視覚誘導産業用ロボットや他の自動化技術に対する投資機会を作り出す人件費の上昇、中でも食品、薬や自動車産業における政府規制の追加など。
 コンポーネントは絶えざるアップブレードを続けてきており、これによってオペレーションが改善された。性能比の改善とともにコンポーネント価格の下落がMVコンポーネント市場の競争力を高め、市場の成長に一役買った。
「CPUsの高速化により、一段と強力なビジョンアルゴリズムが可能になる。加えて、新しいデジタル標準と高速インタフェースが解像度を高め、イメージング速度向上を可能にするので、増加するピクセル数を処理する、よりスマートなソフトウエアが必要になる」とBCCのアナリスト、Srinivasa Rajaram氏は指摘する。「神経ネットワーク技術は、MVにおける重要パラダイムになろうとしている。これを使うと、幅広い運用条件で画像を正確に分割し、検出対象を分類することができる。立体および3Dビジョンアプリケーションも成長を続けている」。