All about Photonics

Business/Market 詳細

レーザ技術の進歩がフォトニックアプリケーション市場成長に貢献

December, 9, 2016, Wellesley--レーザ技術はセンサやディテクタの開発で重要である。これによって様々な産業でアプリケーションのプロセスが変化した。BCCリサーチ(BCC Research)によると、この新興技術でR&Dが進歩を生み出すにしたがい、レーザ技術ベースのフォトニックセンサやディテクタの高コストが下がる。
 フォトニクスは、伝送、発光、信号処理、変調、スイッチング、ディテクション、センシング、増幅を通じて光を生成、操作、検出する科学である。フォトニックセンサとディテクタ市場は、フォトニック技術を用いて開発されるセンサやディテクタで構成される。
 フォトニックアプリケーション市場向けの世界のツールやコンポーネントは、2016年と2021年にそれぞれ、約106億ドル、192億ドルに達する見込みである。5年のCAGRは12.7%。センサセグメントは、2016年の25億ドルからCAGR 12.6%成長で2021年には46億ドルに達する。ICセグメントは、2021年に29億ドルと予測されている。2016年では16億ドル、これは5年のCAGR 12.2%成長を反映している。
 大量のデータの高速転送需要の増加がフォトニックアプリケーション市場のツールとコンポーネントの需要を促進する大きな要因。外部サーバにデータを蓄積する需要、多数のユーザへのアクセス要求が、この市場に影響を与えるのは確実であるとみなされている。次に、これが様々なアプリケーションセグメントにフォトニックツールの導入要求を後押しすることになる。
 画像センシングやディテクション市場では、フォトニクスと組み合わせたレーザ技術が強い関心を惹きつけている。業界の専門家の指摘によると、レーザ技術ベースのフォトニックセンサやディテクタは、従来技術とは異なり、過酷環境で正確なセンシングや検出機能を提供し、同時に消費電力を下げる。フォトニックセンサは、200℃以上で適切に働くが、従来センサは、そのような環境に導入するといくつかの制約を受ける。
「これらのデバイスの価格は現状では高価である。相対的に新技術だからである。しかし価格は、さらなるR&Dにより下がると見られている」とBCCリサーチのアナリスト、Sinha G. Gauravは話している。「レーザベースのフォトニックセンサやディテクタのコスト優位性は、従来デバイスと比べると遥かに高くなると見られている。これは、フォトニックレーザ市場を大きく押し上げる」。