All about Photonics

Business/Market 詳細

LaaS市場、2016-2025年で累積58億ドル

December, 7, 2016, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、商用ビルのlighting as a service(LaaS)世界市場を分析し、地域、サービスタイプ、ビルタイプに分けて2025年までのLaaSマネージメント市場規模と面積について予測している。
 照明業界は、激変の只中にある。LED照明は、既存技術に急速にとって終わりつつあり、照明を操作する照明コントロールシステムは技術的機能を拡大し高度化している。これらの変化がLaaS立上りの前提となっている。ナビガントリサーチの予測によると、世界の照明サービス(LaaS)市場規模は、2016-2025年で累積額約58億ドルに達する。
「LaaSは、照明システムのサードパーティによるマネージメントと広く定義されている。これには、付加的技術、メンテナンス、融資、その他のサービスが含まれる。照明のインストールベースが徐々に長寿命のLEDに取って代わられるにともない、多くの企業は照明コントロールシステムやサービスに依存して収益を維持しようとしている」と主席アナリスト、Benjamin Freas氏は指摘している。
 先進的照明コントロールシステムは、最適動作させれば大幅なエネルギー節約になる。このようなシステムの管理を専門的なサードパーティに任せることで節約が保証され、空間利用の判断や施設管理についての情報が得られる。これは、発展する建築基準法やエネルギー基準が満たされ、ますます複雑になるシステムの正しい運用が保証されることによるものである。
 調査レポートは、LaaSに関連する市場の問題、技術的発展、地域の傾向を分析している。