All about Photonics

Business/Market 詳細

産業Ethernet市場、2022年に592億ドル

December, 6, 2016, Magarpatta--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「産業用Ethernet市場-2022までのグローバル予測」レポートを発表した。産業用Ethernet市場は、2015年の194億3000万ドルから、2016-2022の期間にCAGR 16.8%で成長して、2022年には592億ドルに達する見込みである。産業用Ethernet市場は、エレクトロニクスや自動車アプリケーションで膨大な潜在性を持つ。産業用Ethernet市場を世界的に成長させる主因は、産業オートメーションとIndustry 4.0採用増加からの需要である。
 水と排水処理業界向け市場が、2016-2022の期間に最高成長率が予想される。水位モニタリングセンサ、ACドライブ、およびコントローラは、水処理システムの重要コンポーネントであり、産業用Ethernetはこれらのデバイスの組込やデバイス間の通信に利用される。これらすべての要素が、予測期間において水と排水処理業界の産業用Ethernetの成長を後押しすると見られている。
 PROFINETプロトコル向けの市場が最高成長率と見られている。PROFINETは、産業用Ethernetで業界標準とされている。PROFINETは、厳しい時間制約下でデータを収集して転送するために設計されている。PROFINETは、リアルタイムソリューション、等時リアルタイム(IRT)システムを提供する。PROFINETは、現在最も普及している自動化ネットワークである。自動車メーカーでは、PROFINETは、製造機器を通してデータを素早く伝送することで自動車製造に貢献している。この技術でTCP/IP層をバイパスし、1~10msの速度でデータを伝送する。これによってシステムはより確定的になる。
 2015年、APACは、産業用Ethernet市場の最大シェアを占めた。この市場でAPACが大きなシェアを占めている主要な理由の1つは、この地域における産業化の進行。中国は、APAC地域で産業用Ethernetの主要市場である。
(詳細は、www.marketsandmarkets.com)