All about Photonics

Business/Market 詳細

北米光学顕微鏡市場、2019年に8億2990万ドル

November, 22, 2016, NY--ASD Reportsは「北米光学顕微鏡市場2014-2019予測」レポートを発表した。それによると、市場は2014-2019年の期間にCAGR 3.0%で成長し、2019年には8億2990万ドルに達する。
 市場は、タイプ、アプリケーション、地域をベースに分けて予測されている。市場のタイプセグメントは、倒立顕微鏡、立体顕微鏡、位相差顕微鏡、蛍光顕微鏡、共焦点顕微鏡、近接場顕微鏡などで構成される。さらに市場は、半導体、ライフサイエンス、材料科学、ナノテクノロジーなどのアプリケーションに基づいて分けられ、予測されている。
 北米の光学顕微鏡市場に貢献する国々は米国、メキシコ、カナダ。現在、米国が光学顕微鏡の巨大市場と見なされている。USのライフサイエンスや材料科学市場から大きな需要があるためである。米国地域で営業する主要企業は、FEI Company (U.S.), Leica Microsystems (Germany), Vision Engineering (U.K), Keyence Corporation (日本)など。
 光学顕微鏡は、他の顕微鏡と比べて低価格であるため、予測期間において需要が増加すると見られている。また、新たな製品開発、ライフサイエンスや材料科学アプリケーションにおける光学顕微鏡の利用が増加していることが市場成長の原動力になっている。最近では、研究所や大学などの非商用研究所の人口増加が光学顕微鏡の市場成長を後押しすると見られている。学術機関、政府系研究機関、その他の私的機関が光学顕微鏡の主要エンドユーザとして登場してきている。これは、低コストで光学顕微鏡が購入できるからであり、これが市場成長を促進している。
 光学顕微鏡は半導体やナノテクアプリケーションでも使用される。ライフサイエンスアプリケーションは、2014年の市場規模が最大で2億7040万ドルだった。予測期間においてCAGR 3.3%で成長すると見られている。
 北米の光学顕微鏡市場では近接場顕微鏡が最速成長製品。ライフサイエンス、材料科学および他のアプリケーションで幅広く利用されるためである。このタイプは、予測期間においてCAGR 4.3%で成長すると見られている。