All about Photonics

Business/Market 詳細

適応光学世界市場、防衛/セキュリティにアプリケーション拡大

November, 17, 2016, NY--トランスペアレンシーマーケットリサーチ(TMR)によると、世界の適応光学市場は非常に細分化された競争景観を特徴としている。激しい競争の中で、多数の多国籍および地域企業が、より大きな分け前を取ろうと争っている。市場の上位4社、Northrop Grumman Corporation, Olympus Corp., Canon Inc., Carl Zeiss Meditec AGが、2015年の市場で24%シェアを持っていた。
 TMRによると、売上額では、世界の適応光学市場は2015年に4億5830万ドルだった。これが2024年には109億8590万ドルに達する見込みである。この間、市場はCAGR 83.9%で成長する。
 地域的には、北米市場が、売り上げで、2015年、世界市場の40%以上を占めた。米国が北米の適応光学で最も魅力的な地域市場になると見られている。これは、天文学、防衛とセキュリティ、眼科とレーザ眼科手術におけるこの技術の幅広い利用のためである。技術的には、波面センサ分野が、2015年の適応光学市場で45%のシェアだった。
(詳細は、www.transparencymarketresearch.com)